マイリトルダーリン

AAFCO幼犬・成犬用栄養基準適合総合栄養食 ドッグフード

「少量でもしっかり栄養が摂れる」 小型犬や幼犬のためのグレインフリーフード

ワイルドボアー(イノシシ)、ターキー(七面鳥)、メンハーデン(ニシンの仲間)、鶏卵など数種のタンパク質源とポテトを使用

特長

  • 最高のナチュラルフード
    食材が持つ自然の栄養素だけでAAFCO栄養基準適合を目指した最高品質のナチュラルフード。
  • 豊富なタンパク質
    四肢動物・鳥・魚・豊富なタンパク質を取り入れてアミノ酸バランスを向上。
  • 高栄養・超小粒・小袋サイズ
    身体の小さな愛犬は、体重に対して栄養要求量が高いので栄養価を高め、食べやすいように超小粒にしました。食の細い子や幼犬、また普段より栄養を必要とする活動犬や母犬にも。
  • グレインフリー
    犬本来の食事を考え穀物の消化が苦手な犬のため、穀物の代わりにポテトを配合したグレインフリーフード。
  • 健康な腸内環境をサポート
    病気に負けない免疫力を維持するために、プロバイオティクスを配合。
  • 健康で美しい被毛を維持
    美しい被毛と皮膚に必要なオメガ6・オメガ3脂肪酸を配合。
    オメガ6:オメガ3=2.5%:0.7% 比率3.5:1(実測値)

原材料名(原材料・原産国)

ワイルドボアー(オーストラリア、米国)、ターキー(米国)、ポテト(米国)、ターキーレバー(米国)、ターキーハート(米国)、えんどう豆(米国、カナダ)、ターキーミール(米国)、チキンミール(米国)、ポテトプロテイン(米国、カナダ)、メンハーデンミール(米国)、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)(米国)、鶏卵(米国)、タラ肝油(ノルウェー)、トルラ酵母(米国)、ビール酵母(米国)、えんどう豆繊維(米国、カナダ)、亜麻仁(カナダ)、加水分解チキンエキス(米国)、海塩(米国)、亜鉛酵母(米国)、イヌリン(ベルギー)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)(米国)、昆布(カナダ)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)(米国、アルゼンチン、日本)、タウリン(日本)、ビタミンE(米国、フランス)、キレート銅(米国)、L−カルニチン(チェコ)、ラクトフェリン(米国)、ビタミンC(フランス)、ユッカ(米国、メキシコ)、グレープシード抽出物(米国)

原産国名

米国

成分

● 保証分析値

粗タンパク質
粗脂肪
粗繊維
粗灰分
水分
32.5%以上
13.0%以上
3.0%以下
7.0%以下
10.0%以下

● オメガ6脂肪酸:2.5% ● オメガ3脂肪酸:0.7%(実測値) ● カロリー:345kcal/100g

1日あたりの給与目安量

体重
0.5kg
1kg
2.5kg
5kg
7.5kg
10kg
20kg
30kg
40kg
50kg
幼犬期
~3か月
55g
90g
170g
270g
350g
425g
680g
890g
1080g
1255g
~6か月
35g
60g
105g
170g
225g
270g
430g
565g
685g
795g
~9ヶ月
25g
40g
75g
125g
160g
195g
310g
410g
495g
575g
10ヶ月~
20g
35g
65g
100g
135g
160g
255g
335g
410g
475g
成犬
20g
30g
55g
85g
110g
135g
215g
285g
345g
400g
シニア犬
15g
25g
50g
75g
100g
120g
195g
255g
310g
360g

● 表を目安に小型犬・中型犬は1歳、大型犬は1.5歳まで幼犬期の給与量を調節して3回以上に分けて与えてください。
● 避妊・去勢後は1割程度、ダイエットの際は2~3割減量してください。
● 初めて与える際は1週間ほどかけて徐々に切り替えてください。
● 常時新鮮な水が飲めるようにしてください。

販売価格

<真空パック / 1袋 1.25lb(566g)>

1袋
1,600円
2袋セット
2,900円
6袋セット
7,900円
12袋セット
15,500円

<ポータブルパック / 1袋 100g>

1袋
400円
30袋セット
11,000円

※税抜き価格です

使用上のご注意

● 冷暗所で保管し、開封後はお早めにご使用ください。
● 天然の原材料を使用し、人工の着色料や香料を使用していないため、色やにおい、粒の大きさに違いが見られます。
● パッキングの特性上、真空の圧力により、粒の付着、割れ、粉が見られる場合があります。
● 粒の中に有色の小片が見られる場合がありますが、ミネラルなどの栄養素であり、品質の異常ではありません。
● 粒の中に黒や茶、白色の毛や羽が見られる場合がありますが、原材料である食肉の体毛が一部残るものであり、品質の異常ではありません。

Scroll to Top