私たちがバンガードインターナショナルフーズのスタッフです
#1 寺嶋秀司 代表取締役社長

#1 寺嶋秀司 代表取締役社長

バンガードインターナショナルフーズは、社員29人の日本のアットホームな会社です。ペットフードの会社ですから、ペットを飼っている社員も飼っていない社員も、動物が幸せに生きる権利を尊重しているのは当然のこと、ペットとの同伴出勤も許されています。こちらのコーナーでは、そんなスタッフそれぞれの社業への思いや、ペット・動物との関わりをご紹介します。

バンガードインターナショナルフーズの現社長は、5年前に就任した寺嶋秀司氏です。モットーは「誠意あるものづくり」。長年親会社の電子機械器具メーカー『朋栄(FOR-A)』で、海外事業畑を中心に歩んできました。「ペットの専門的な知識がないのが強み」と、スタッフ全員から意見を吸い上げるトップダウンとは逆のスタイルで、社内の活性化を図っています。そんな寺嶋社長に、若かりし日の青年海外協力隊での経験、会社への思い、経営方針などを聞きました。(聞き手・内村コースケ=フォトジャーナリスト)

― ペットフードとは直接関わりのない親会社に長年いらしたと聞いています。プライベートでのペットとの関わりは?

寺嶋社長 今住んでいる家が賃貸で、ペットを飼えないんです。会社は昔から犬猫同伴勤務を許していますので、会社に来ればみんなのワンちゃん猫ちゃんに会えます。子供の頃は、実家で犬を飼っていましたよ。昔風の外飼いの雑種でしたけれども。

― ご出身はどちらですか?

寺嶋社長 福岡県の津屋崎町(現在は福津市)という田舎町です。女房は同じ福岡県の、動物好きの方には「猫の島」として知られる相島(あいのしま)がある新宮町の出身です。

― 現在61歳。子供の頃はどんな生活でしたか?

寺嶋社長 小1の時に東京オリンピック(1964年)がありましたから、昭和40年代の思い出になりますね。実家から海まで200mくらい。海水パンツでそのままピューッと海に泳ぎに行っていました。実家では庭先の犬小屋で犬を飼っていましたが、ペットを取り巻く環境は今とは全然違っていて、裕福な家庭でも部屋の中で犬を飼っているという人はいませんでしたね。漁港も近くにあり、野良猫はどこにでもいました。

― 大学卒業後、青年海外協力隊に参加したのですよね。もともと海外に興味があったのですか?

寺嶋社長 親父が戦時中満州にいて、シベリアに抑留された後に帰国した組だったんです。本人はそのことを何も語りませんでしたけど、親戚や人づてに満州時代の話や戦後の苦労話を聞いていたので、その影響はあったかもしれません。

― 青年海外協力隊に応募した経緯は?

寺嶋社長 仕事をしたくなかったのでしょうね(笑)。大学生だったのですが、「タダで海外に行ってみたい」という気持ちはありました。経済学部なので、周りはどんどんOB訪問をして、銀行や証券会社に就職を決めていくわけです。そんな中で、8月の終わりくらいかな。OBからの誘いが一番多い時期でしたが、「自分はどうしようかな」と思いながら校内を歩いていると、ふっとポスターが目についたのです。

― それが青年海外協力隊の募集ポスターだったのですね。

寺嶋社長 青年海外協力隊?なんじゃそりゃ?と。「これは面白いかもしれない。タダで行けるみたいだし」と思ったわけですが、何か海外で役に立つ専門性を持っていないと応募できないわけです。すると、「スポーツ隊員」というのが目についた。私は子供の頃から柔道をやっていて、当時は三段でした。幸い、柔道を教える隊員の条件をクリアしていたので、応募しました。

― 周囲の反応は?

寺嶋社長 私の大学ではおそらく初めてだったんじゃないかな。周りから「えっ?お前大丈夫か?」って言われました(笑)。両親は反対しませんでしたよ。子供の進路には一切口を出さない。昔気質でしたから。

― 行き先はフィリピン。

寺嶋社長 南部のミンダナオ島にあるダバオに2年半くらい赴任しました。勤務したのは、キリスト教系の学校の付設のスポーツセンターです。昼間は学校の体育授業として高校生・大学生、夜は子供から大人まであらゆる層の一般の人たちに教えました。女性と組むのも初めての体験で、最初は戸惑いました(笑)。

― 当時のフィリピンの地方都市の様子は?

寺嶋社長 まだ解放戦線と呼ばれていたイスラム系の過激派もいて、治安は良くはなかったです。銃を突きつけられたこともありました。言葉は、公用語に近いタガログ語ではなく、ビサヤ語でした。キーワードだけ覚えてなんとか会話していました。英語も公用語ですので、柔道は英語で教えました。貧しい人たちが多かったけれど、クリスマスや日曜日には皆、おめかしして教会に行くんですね。そういう姿は羨ましいと思いました。一方で、車に乗っていて信号で止まるとタバコや花飾りなんかを売りに来たり、窓を拭いて「お金ちょうだい」という子供たちが大勢いました。

― 企業の駐在員などではなかなかできない経験も?

寺嶋社長 当時、柔道を習いに来るような人は上流階級が多かったのですが、自分の場合は分け隔てなく受け入れていましたので、貧しい人たちともつき合えました。お互いに金がないのに、ビーチに泳ぎに行ったり、登山したりね。貧富の差がある一方で、南国のオープンさがあって、今の日本で「ダイバーシティ(多様性)」と盛んに言っているようなことが、当たり前の世界でもありました。面白かったのは、柔道場では、町の名士みたいな人とゴミを拾って生活しているような人が同じ畳の上で組むこと。普通はあり得ないことだったかもしれません。

― そうした経験から、「違いを認めてお互いを尊重する」といった国際感覚が身についたのでは?

寺嶋社長 教えに行ったというより、教えられることの方が多かったですね。多様性がある社会に若い頃に身を置けたのは良かったと思います。あの時の自由で楽しい日々があったからこそ、今は仕事の虫でやっていけているのかもしれない。フィリピンでの日々がなかったら、銀行や証券会社のサラリーマンにでもなっていたのかな。今でも大学の同期に会うと、「お前は一番自由でいいな」と言われます(笑)。

― 帰国後は?

寺嶋社長 「よし、このまま国際社会で頑張ったろうかな」と張り切っていました。留学しようか、などと思いながら青年海外協力隊の事務局でアルバイトをしている時に、やはり柔道つながりのルートからだったのですが、朋栄グループを紹介され、入社しました。

― 入社後も海外が長かったんですよね。

寺嶋社長 入社後2カ月でアメリカに行かされました。「こいつだったらどこに送り込んでもいいだろう」ということで採用されたわけですから(笑)。アメリカに3年ほどいて、カナダのトロントに渡って現地法人の立ち上げに携わりました。その後は、国内で営業や工場の責任者をしてきました。

― バンガードインターナショナルフーズの社長に就任するまではペットフードの事業には関わりがなかったのですね。

寺嶋社長 バンガードインターナショナルフーズを創業した近森(三和)初代社長とは、長年の交流がありましたので、バンガード社の事業については、近森さんが毎月見せてくれた月報などさまざまな形で見聞きしていました。ペットについての専門知識はありませんが、逆にそれが強みかな、と思っています。「みんなの意見を聞いて物事を決めるから、どんどん意見を言ってちょうだい」と。社長の独断専行で成り立つ会社は多くはないですから、自分ではごく普通の経営をしていると思っています。

― 社員に言い聞かせていることはありますか?

寺嶋社長 「どうせ仕事をするのだったら、楽しく努力した方がいい仕事ができる」ということは、様々な機会で言っています。どんな人にも、どこかに適切な場所がある。本人が努力しているのだったら、こちらがその場所を見つけてあげなければいけないと思っています。

― バンガードインターナショナルフーズの社長としての経営理念は?

寺嶋社長 「急激に業績を伸ばす必要はない」と常に言い続けています。企業だから成長は必要です。成長するから新しい人が入ってくるし、新しいアイデアも生まれる。それは大事ですが、誠実に真面目にやって少しずつ伸びていけばいいのではないでしょうか。

― 「誠実に真面目に」という理念は、ペットフードメーカーとして初めて全ての原材料・原産国を公開するといった姿勢にも表れていますね。

寺嶋社長 私が就任する前から続けていることですが、一人一人のお客様と正対して、少しずつでもバンガード社、『ナチュラルハーベスト』『カントリーロード』のファンを増やしていければ、と考えています。今、ありがたいことに、大手Eコマースなどからうちの商品を扱いたいというお話もたくさん頂いているのですが、今まで10年20年とお付き合いしてきた皆様に影響が出ることも考えられます。一過性のブームのような形で売上が伸びることもあるかもしれませんが、地道に少しずつ伸びていくのが一番です。

― そうした地に足がついた経営は、海外経験などで身につけた広い視野がなければなかなかできないと思います。

寺嶋社長 フィリピンでは、貧しい人も含め、人それぞれが一生懸命生活しているのを見てきました。確かに、自分には外国人差別、ひいては、動物を下に見るような気持ちは全くありません。経営者はとかく、社員に対して「できないこともできるように努力してもらいたい」という気持ちを持ちがちで、それも大切だと思いますが、それ以上に大事なことはそれぞれが得意なこと、やれることを更に一層しっかりやってくれればそれが一番良いと思います。

― そんな風通しの良い社風が、「本物のナチュラル・フード」のますますの発展につながることを、いち愛犬家としても期待しています。本日は貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

【プロフィール】

寺嶋秀司(てらしま・しゅうじ)

1957年 福岡県生まれ。大学卒業後、青年海外協力隊に参加しフィリピンのダバオ市に赴任。
1982年 株式会社朋栄入社。アメリカ、カナダでの赴任を経て帰国。
2014年 株式会社バンガードインターナショナルフーズの代表取締役に就任。現在、朋栄グループ4社の代表取締役を兼任。

内村コースケ(うちむら・こうすけ)
1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。現在はフレンチ・ブルドッグと八ヶ岳山麓で暮らしている。
バンガードインターナショナルフーズが2008年から2012年まで発行していたフリーペーパー『Vanguard International Foods Free Paper』では、編集・撮影・執筆を担当した。

こちらの記事もどうぞ

Scroll to Top