cr_logo_s

フィーライン シンプレックス
[チキン]

AAFCO幼猫・成猫用栄養基準適合総合栄養食 キャットフード

タンパク源は鶏肉だけで作りました

タンパク質源はひとつだけ
新鮮な生肉を使ったシンプルごはん
アレルギーの気になる子にも選びやすい
新しい総合栄養食

特長

食物アレルギーでお悩みのネコちゃんに安心して与えることができる総合栄養食。タンパク質を1種類に限定し、消化性に優れた原材料を厳選。いつものフードにトッピングをしたり、手作り食の栄養バランス補助として。おいしくシンプルに設計しました。

  • タンパク質を1種類に限定
    消化性の高い原材料を厳選。タンパク質をチキン1種類に限定することにより、アレルギーの発症を低減。
  • ふわふわレトルト
    ふわふわでやわらかく食べやすいペースト状。ミルクから通常の食事への大切なステップアップ時の離乳食や、消化能力が落ちてきたシニア猫にもおすすめ。
  • ノーグレイン(穀物不使用)
    穀物の消化が苦手なネコちゃんのため、穀物不使用。
  • メインの肉は全てフレッシュミートを使用
    嗜好性に優れたフレッシュミートを使用し、お肉は全体の85%以上。好き嫌いが激しいネコちゃんでもおいしく食べることができるようにこだわりました。良質のタンパク源は健康な身体や免疫力のために。
  • 総合栄養食
    栄養バランス◎のレトルトフード。水分量が多く含まれているため、水分補給におすすめ。

【食物アレルギーって?】

身体には異物や細菌などを排除する免疫機能が備わっています。体内で「抗体」を作りだして敵と戦い、自分の身体を守ります。この免疫が過剰に反応して炎症が起きる状態をアレルギーと呼びます。 食物アレルギーは食べ物に含まれるタンパク質に反応するアレルギーを指します。 ごはんを食べる→ある特定の食べ物のタンパク質を身体がアレルゲン(アレルギーの原因)として認識→アレルギー反応が起こります。

こんな症状があったら食物アレルギーかも・・・
□季節に関係なく1年中痒がっている
□特に顔面(目・口周囲)・背中・肛門周囲・耳・足元に赤みや痒みがある
□下痢、嘔吐の症状がみられる
□うんちの回数が多い
□食欲やお水を飲む量が変わった
□1歳未満の若いネコちゃん

食物アレルギーは食べ物に含まれるタンパク質が原因と言われていますが、どの食べ物にアレルギー反応を示すかはネコちゃんによって異なります。 食物アレルギーは原因となっているアレルゲンを与えないことが大切です。 ネコちゃんにフードやおやつを与えてから上記の症状がみられた場合は与えずに様子をみましょう。

原材料名

チキン(日本)、チキンレバー(日本)、乳酸カルシウム(日本)、えんどう豆繊維(日本)、ひまわり油(日本)、増粘安定剤(グアガム、カラギーナン)(日本)、ビール酵母(日本)、リン酸ナトリウム(日本)、レシチン(日本)、魚油(マグロ、カツオ由来)(日本)、硫酸マグネシウム(日本)、亜麻仁油(日本)、グルコサミン塩酸塩(日本)、タウリン(イタリア)、塩化カリウム(日本)、コンドロイチン硫酸塩(デンマーク)、昆布(日本)、グルコン酸亜鉛(日本)、ビタミンE(日本)、クエン酸鉄(日本)、キレートセレン(米国)、キレートマンガン(米国)、ビタミンK(日本)、グルコン酸銅(日本)、チアミン(日本)、ビタミンD3(日本)

原産国名

日本

成分

● 保証分析値

粗タンパク質
粗脂肪
粗繊維
粗灰分
水分
14.0%以上
2.0%以上
0.5%以下
2.5%以下
78.0%以下

● カロリー:86kcal/100g

1日あたりの給与目安量

体重
0.5kg
1kg
2kg
3kg
4kg
5kg
6kg
7kg
〜生後5か月
115g
235g
465g
700g
930g
1165g
1395g
1630g
生後5〜9か月
60g
115g
235g
350g
465g
580g
700g
815g
生後9〜12か月
40g
75g
150g
225g
300g
380g
465g
530g
成猫
30g
60g
115g
175g
235g
290g
350g
405g

◆表を目安に複数回に分けてください、体重や便の状態、毛ヅヤなどを見ながら適宜調節して与えてください。

与え方

ドライフード・野菜・手作り食との併用もおすすめです。

【ドライフードに混ぜて与える場合】
ドライフードに混ぜる場合は、ウェットフード3に対して、ドライフード1の割合で置き換えてください。
(例:ウェットフードを30g加えた場合、ドライフードを10g減らしてください。)

販売価格

< 1袋70g>

1袋
400円
12袋セット
4,560円

※税抜き価格です

使用上のご注意

● 開封前は冷暗所で保管し、開封後は冷蔵庫に入れてお早めにご使用ください。
● 袋の角や開け口で手などを切らないようにご注意ください。

Scroll to Top